2019年4月13日(土) シアター・イメージフォーラムほか全国順次ロードショー ユナイテッドピープル配給

レビュー

「空爆」という漂白された言葉の向こうに広がる、あまりにも過酷、だが同時に、あまりにも人間的な真実。この映画を観るまで、僕はその想像力をまったく欠いていた。

ライムスター宇多丸(ラッパー/ラジオパーソナリティ)

2015年末、難民たちと同じルートでヨーロッパを旅して多くのシリア人と出会った。ホワイト・ヘルメットやシリア残留者たちと難民との違いは、ミサイルの雨が降る地獄に直面して、逃れるか、留まるかの選択をしただけ。決断の理由は同じ。故郷と家族への愛だ。

丸山ゴンザレス(ジャーナリスト)

これまで多くの映画が「戦争」を扱い、それを見た観客はその悲惨さを憂い、理不尽さを憎んだ。しかしドキュメンタリーであれフィクションであれ、それらの映画は、戦争の後に撮られたものだ。

この映画は違う。現在進行形の戦争を、空爆の下でカメラを回しながら(それも、とてつもなく見事なカメラワークで)空爆がもたらす本当の被害と、その下にいる人々の絶望的な日常を描き出す。非日常の中に差し込まれた金魚の映像。

この、あまりに優れたドキュメンタリーが少しでも多くの人の目に触れることを願います。

菱田 雄介(写真家/映像ディレクター)