映画『シスターと神父と爆弾』オンライン上映会(3/20)

”核兵器は非道徳的で国際人道法に違反している”という深い信念のために、刑務所に行き、死の危険を冒すことさえいとわない米国の平和活動家シスターや神父たちを追ったドキュメンタリー。

2012年7月、アメリカ最大の核兵器用ウラン貯蔵庫に、何者かが侵入。
主犯は82歳のカトリック修道女とイエズス会の神父たち。

彼女らが逮捕された後、裁判で裁判官のかけた言葉とは──。

上映後に、ヘレン・ヤング監督と本作の字幕監修を担当し、2007年から2013年まで広島平和文化センター初の外国人理事長として活動、その後も母国米国に向けて核兵器廃絶を訴え続けているスティーブン・リーパーさんが登壇!聞き手はユナイテッドピープル株式会社代表の関根健次です。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【イベント概要】

日時:2021年3月20日(土)19:00-21:30
プログラム:映画上映(106分)、トークセッション(45分)
参加費:1,500円/人
主催:ユナイテッドピープル
ご参加方法:
3月19日(金) 10:00までに、参加用ZoomURLをご案内致します。

詳細・チケットは以下ボタンをクリックしてご確認ください。

UNITED PEOPLE制作映画

自然エネルギーを選択しませんか?

最新情報はメールマガジンにご登録を

ユナイテッドピープルからの最新情報は、「ユナイテッドピープル通信」を無料購読ください。

ユナイテッドピープル通信

© 2021 ユナイテッドピープル – UNITED PEOPLE / 映画制作・宣伝・配給・上映