ユナイテッドピープル基金スポンサーメッセージ(シナジーマーケティング)

message_pic_01
私は大学3年生の時、阪神大震災を経験しました。大学時代に住み慣れたまちを失い、大切な友人を失いました。また、ボランティア活動を通じ、被災者の皆様の、言葉に言い表せないほどの苦しみを垣間見ることもありました。これまで培った生活基盤を失い、一生をかけてそれを取り戻していかねばならないことへの苦悩、家族、友人を失った悲しみ、足元の生活への不安など、私を含め、直接被災していないものには到底理解することのできないものだと思います。にもかかわらず、当時私が接した被災者の方々の多くは、とても心美しく、皆で励ましあい、少しでも楽しいことを見つけ、それを皆でシェアし、将来への光明を見出していかれました。

ボランティア活動を終え、1年ほどたった頃、大学に向かうバスの中で、ある人に声をかけられました。「あのときは、本当にお世話になったね。」と。ボランティア活動で支援させて頂いていたおばあさんでした。この一言を、私は今も忘れません。一人でも多く、少しでも早く、笑顔を取り戻せるように、微力ながらご協力させていただきます。

2011年3月16日
シナジーマーケティング株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 谷井 等

UNITED PEOPLE制作映画

最新情報はメールマガジンにご登録を

ユナイテッドピープルからの最新情報は、「ユナイテッドピープル通信」を無料購読ください。

ユナイテッドピープル通信

© 2020 ユナイテッドピープル – UNITED PEOPLE / 映画制作・宣伝・配給・上映