56日間 56ドルの所持金で貧困を抜け出すことはできる?

グアテマラの貧困地域で2ヶ月間たった1日1ドルで生活した若者たちの実践ドキュメンタリー
「極度の貧困の中で人生の困難と希望を見いだせる必見の映画」
ームハマド・ユヌス(ノーベル平和賞受賞者)

世界中に貧困で苦悩する人々が存在する。

貧困を抜け出す方法とは?

もしあなたが極度の貧困地域に生まれ育ったとしたら、あなたはどのように闘うだろうか?映画『1日1ドルで生活』は、この問いへの答えを探すべく、アメリカから4人の若者たちが中米グアテマラの田舎の貧困地域に赴き、実際に1日1ドルで生活し、貧困から抜け出す方法を探る実践ドキュメンタリーだ。グアテマラの田舎に到着した4人は、56日間を所持金56ドルでどう生き抜き、貧困状態から抜け出だせるのか、その方法を探っていく。

予測不能な世界に生きていることを想定し、毎日均等に1ドルが使えるのではなく、くじ引きでその日使える金額が決まる仕掛けを作り、実践の日々が始まっていく。彼らは、節約の他、現金を生み出すためのビジネスアイデアも実践する。しかし現実は厳しく、空腹や腹痛に苦しみながら、厳しい現実に直面することになる。それでも、20歳の女性ローサや12歳の男の子チノの優しさと強さに触れ、効果的な方法を粘り強く探していく。ザックやクリス達は、果たして「世界は変えられる」と思わせるような結果を出せるのだろうか。

監督:クリス・テンプル、ザック・イングラシー、シーン・レオナルド
配給:ユナイテッドピープル 協力:国際NGOプラン・インターナショナル
原題:Living on One Dollar
2013年/アメリカ/56分

国際ガールズ・デー キャンペーン2019
映画「1日1ドルで生活」を観て世界の子どもや女の子たちを応援しよう!

【主催者募集】映画『1日1ドルで生活』市民上映会~国際ガールズ・デー2019~
映画『1日1ドルで生活』の最新情報やその他映画情報など、配給会社ユナイテッドピープルの最新情報が届くメールマガジンにご登録ください。


※登録無料 月数回配信

詳しくはこちら