NHK ニュースウォッチ9 (2018年5月16日放送)NHK ニュースウォッチ9 (2018年5月16日放送)

●チョ・ソンヒョン監督

北朝鮮の体制が悪いと批判するために映画を作るのではなく
その中での人々の暮らしや日常を伝えたかった

彼ら(北朝鮮当局)は自分のよいところだけをみせようとする
そのなかで何が真実なのか悩んだ(しかし北朝鮮の人々の生の声に迫ろうとした)

北朝鮮は異常な国かもしれませんが
人々は毎日が不幸ではなく幸せなときもある

この映画を“プロパガンダ”だと言う人もいた
しかし 私が期待したとおり 映像から
“行間の意味”をくみ取ってくれた人もいた

北朝鮮という社会と
自分たちの社会との違いを認め

彼らの体制や文化を尊重して見つめれば
自分たちが知りたかったものが見えてくる

●桑子真帆キャスター

私たちの知らない北朝鮮の様子を興味深く見た
行間の真実、有馬さんはどう感じましたか?

●有馬嘉男キャスター

映画に出てくる整然とした町並みとか農村の様子は
明らかに北朝鮮が見せたい風景だと思うんです
でも映画に出てくる人々の語るフィアンセへの思いとか
将来の夢を語る表情は偽りはないなと感じました

※放送から一部コメントを抜粋

堀潤のニュースの時間

#61「北朝鮮をめぐる外交問題」③~ドキュメンタリー映画「ワンダーランド北朝鮮」から考える Himalaya FM

チョ・スンヒョン監督へのインタビューを紹介。北朝鮮にも保守がいるので今の動きがすんなり進むか心配だと。また、拉致被害者のことについてどう思うか?

2018年5月25日(金)モーニングCROSS「ニュースHORIc」

2018年5月25日(金)モーニングCROSS「ニュースHORIc」で紹介されました。

Abema“NEWS特集”(2018年5月17日)

「韓国籍捨てた女性監督 北朝鮮で映画撮影」(Abema“NEWS特集” 2018年5月17日)

AbemaNewsイチオシのニュース特集で映画『ワンダーランド北朝鮮』のご紹介とチョ・スンヒョン監督インタビューです。

NHKこれでわかった!世界のいま 2018年5月20日放送NHKこれでわかった!世界のいま 2018年5月20日放送

●チョ・ソンヒョン監督

この映画で北朝鮮側は
美しいと思うものばかりを見せている

だからその他のものについて
私たちは想像力を働かせればいい

●イ・ヒャンジン教授

「これが北朝鮮だ」と誰かが専門家として
ABCDのように説明しますよね?

いろいろな違う見方もあるからもっと
自分の目で見て、自分の耳で聞いた方がいい

●感想 一般男性

ユーモアがあって
ざっくばらんに物事を言って 楽しかった(監督スピーチ)

●感想 女子高生

本当に予想外で
生の声みたいなものがすごく伝わった

※放送から一部コメントを抜粋

2018年6月8日放送 TBS NEWS232018年6月8日放送 TBS NEWS23

韓国出身の映画監督が撮った“もうひとつの北朝鮮” TBS NEWS

韓国籍では北朝鮮に入れないため、チョ監督は、留学を機に20年ほど過ごしたドイツの国籍を取得しました。