監督はドイツ国籍を取得、北朝鮮に入国したが、撮影に当たって常時、監視の目が光っていたという。そんな状況を頭に入れてこの映像を見ていくと一見、平和的な、平穏な日常に見える映像が妙にスリリングに感じられてくる。観る者の映像を読み解く能力が試されている。

─ 原一男(映画監督)

北朝鮮は外から見たのではわからないことがたくさんある。私自身一度訪れてまたわからなくなっている面もある。事実の一辺を切り取っている本作で北朝鮮を体験してほしい。

-池内ひろ美(家族問題評論家)

初海外旅行で北朝鮮に行った時のことを思い出した。システムに驚愕し、素朴な人々の姿に懐かしさを抱く。偏見をとっぱらって、まっさらな目で観てほしい。

- 雨宮処凛(作家・活動家)

「北朝鮮」「制裁」。漢字ではたったの5文字。しかし映画で誰が影響を受けるのか具体的に見ることが出来た。こういう人たちが影響を受けるんだと。僕はこの映画にリアリティを見たと思う。

- 有馬嘉男(キャスター)

(c)Kundschafter Filmproduktion GmbH(c)Kundschafter Filmproduktion GmbH
(c)Kundschafter Filmproduktion GmbH(c)Kundschafter Filmproduktion GmbH

この映画は、ひたすら淡々と北朝鮮に住む人々を描いたもので、誇張も強調もない。
まだ知らない事実もあると思うけど、この映画で見る北朝鮮も現実のひとつだと思う。

-宮西有紀(日本国際ボランティアセンターコリア事業担当)